第二回)行政書士ママのちえナビ「マイナンバーがやってくる!」

行政書士ママ「行政書士 諸井佳子事務所 行政書士 諸井佳子さん」による、

ちょっと為になるあの話がきける「ちえなび」♪



諸井さんは2人の双子の男の子を育てる子育てママでもあり、行政書士というお仕事の顔ももつママでもあります。



ニュースや新聞で見るあの気になるワードや話題をわかりやすく教えてくださるママのためのStudyコラムです。



マイナンバーがやってくる!

High Five Momの皆さん こんにちは♪


上尾の女性行政書士 諸井佳子(もろいけいこ)です。


最近は随分と秋めき、日中は暑さが厳しいものの、朝晩はめっきりと涼しくなりましたね。体調を崩しやすい時節でもありますので、皆様風邪などにお気をつけくださいませ。



先日、スーパーアリーナで開催された“さいたま Smile Womenフェスタ”で、私が所属しているサイタマ・レディース経営者のブースのお手伝いに行きました。

沢山の働く女性を見て、元気をもらいました♪



今日は、いよいよ迫ったマイナンバー制度について、簡単にご説明します。


■マイナンバー制度とは?

皆さんも既にご存知とは思いますが、この度マイナンバー制度が導入されることになりました。


マイナンバー制度は主に、①行政サービスの公正化、②行政の効率化、③国民の利便性向上を目的として開始されます。


一人にひとつの番号をつけることで、行政機関ごとの情報連携を行い、照合作業を省略する、不公正または公正な給付や負担逃れを防ぐ、などの意図があります。



■「通知カード」と「個人番号カード」の違い

まずは今年の10月に(来月ですね)、住民票の住所にマイナンバーの「通知カード」が送られます。


住民票を移していない方は、気をつけて下さいね。

通知カードには、①氏名、②住所、③生年月日、④性別、⑤マイナンバーの5項目が表記されています。



この「通知カード」は単に番号を知らせるだけの通知書ですが、本人の希望に応じて、写真とICチップが入った「個人番号カード」(運転免許証のような形状)の交付を受けることができます。


ということは、「個人番号カード」を持つのは自由です。通知カードと一緒に「個人番号申請書」が届ますので、この申請書を市町村に返送すると、平成28年1月以降に「個人番号カード」の交付を受けることができます。



■個人番号カードの取り扱いについて

個人番号カードは、表面に①氏名、②住所、③生年月日、④性別、⑤本人の写真、裏面に個人番号(マイナンバー)、②ICチップが記載されています。


有効期間は、20歳以上は10年、20歳未満は5年とする方向で検討されています。


★注 身分証明書として利用することができますが、裏面の個人番号は重要なものなので、保管を厳重にしてください。お財布などに入れて持ち歩くことは、絶対にしないで下さいね。


私の個人的意見ですが、紛失のリスク(再発行に時間と手間がかかることと、紛失しても番号は変えてもらえない)と、現段階で制度が定まっていないことを考えると、「個人番号カード」は、取りあえずは持たなくてもいいのではないのか、と考えます。






行政書士 諸井佳子事務所

HP   :  http://moroi-office.com/

アメブロ :  

 埼玉女性の起業サポート 

 埼玉県上尾市 

 女性行政書士  諸井佳子のブログ

http://ameblo.jp/yukinkokosumosu/



お気軽にご相談くださいね♪